ネット上の悪評は売り上げに影響するか

創業準備中の頃

公証役場に書類を出しに行ったときですが。

近所の飲食店の人が、

なぜか公証役場にお悩み相談に来ていました。

公証役場って、そういう相談を聞く場所じゃないのに、です。

 

どうにも、近所のライバル店に、

ネット上に自分のお店の悪口を書かれてしまい

お客さんをどんどん横取りされているのだとか。

 

客観的にみれば「んな、アホな」と思うような話ですが

当の本人にしてみれば深刻な問題のようでした。

 

ともあれ、言論の自由、の下に

インターネットをバーチャル空間とはき違えた輩が

ネット上で言いたい放題というのが

昨今のインターネットの問題としてクローズアップされています。

とりわけ、日本のように、

その手の罪に対する罰が軽すぎる国は

やったもん勝ちみたいな風潮さえあります。

それゆえに、その手の誹謗中傷は増える一方ですし

あまりの数の多さに

半ばあきらめ気味の人も多いようです。

 

ただ、それらの誹謗中傷の類が

果たして、業績に影響を及ぼすのか、というと。

実は、そうでもないんですよね。

もちろん、それを理由に買わない人も一定数発生します。

 

しかしながら、

その手の出所の信頼性に欠ける情報に感化される人って

結局、遅かれ早かれ離れていくものなのです。

つまりが、もともとリピーターになり得る要素が希薄なのです。

 

基本的にビジネスは

初回取引は利益はあまり期待できず。

リピート以降で利益が増えていくわけですが。

つまりが、その手の悪評があることで

かえって、初回取引のリスクを負わずに

効率的なビジネスに専念できるともいえなくもありません。

 

実際、商品・サービスの良さを、本質を理解できるお客さんは

その手の悪評を気にすることはないですし

ましてや、感化されることなど絶対にありえません。

 

したがって、確かにムカつくでしょうし

頃してやりたいとさえ思うかもしれませんが・・・。

業績に及ぼす悪影響はほとんどないので

放置をしていれば良いでしょう。

あの手の暇人の、人格破綻者の憂さ晴らしに

まともに付き合う必要はありません。

いずれ、虎のしっぽを踏みつけて

いたい目を見るのは目に見えていますしね・・・。

裏が怖いお店や企業はたくさんありますから。

 

なにはともあれ、

売り上げや利益が減っているのであれば

ネット上の悪評が原因ということはほとんどなく。

おそらく別の要因が考えられますので

今一度、事業の見直しを図る方が無難でしょう。

 

コメントを残す