お客さんは帰ってくるか

マーケティング関連の書籍を読んでいると、

一度離れたお客さんが戻ってくることもあるので

しっかりとフォローアップの連絡を取り続けましょう!

というアドバイスが書かれています。

私も、基本的にはこの考えに賛成なのですが。

それはあくまで、形ある商品、身の回り品といった

いわゆるコモディティ関連のビジネスに限った話だと考えます。

 

コンサルティングであったり、教育、指導のビジネスの場合は

まず戻ってこないと考えた方が良いです。

それどころか、取引関係が終演したにもかかわらず

依然としてあなたの周りをうろついているようであれば・・・

それは、大半が、

あなたの手法を盗み見ようとしている

産業スパイであると考えた方が良いでしょう。

 

そもそも、コンテンツビジネス、教育、指導ビジネスのお客さんは

やがて競合になり得る存在です。

ゆえに、あなたの元を離れる、ということは

同業としての独立宣言と受け取ることもできるのです。

 

事実、私の元を離れた元お客さんは

依然としてこうしてブログをご覧になっていたり。

あるいは、YouTubeなどに仕掛けた

リスト取りフォームにご自身のアドレスを登録しては

ステップメールの内容や、

配布コンテンツをご覧になっている方も多いです。

 

その行動の善悪はさておき、

少なくとも利益をもたらしうる存在であるかどうかは

見極める必要があるでしょう。

安易な模倣をくり返すようであれば有害ですから

ゆえに、以降フォーム登録ができないように

場合によってはブラックリスト登録した方が良い場合もあります。

一方で、同業である自身のお客さんに対して

あなたの商品を販売しようとして

より効果的なセールスをするための材料を集めようとして

あなたの周りをうろついている場合もあります。

その場合は、拒絶するのはもったいないですし、

それこそ、お互いが得をするチャンスを棒に振ることになります。

 

残念なことに、大半が前者というのが実際のところです。

それでも、数少ない後者の方が

時に、あなたにものすごい利益をもたらすことがあるのもまた事実。

大切なのは、しっかりと相手を見極めること、ですね。

 

いずれにせよ、過去にどれだけ親密に取引をしたとしても。

それは、それ。これは、これ。という区切りは大切です。

現在、あなたに利益をもたらす存在でないならば

変に恩義を感じて

不必要に尽くし続けることのないようご注意ください。

けじめは大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です