セグメントの美学

サッカーに興味のない人に

サッカーの話をしてもウザがられるだけです。

サッカーの試合の結果でイライラされても

ウザいキチガイだな、と嫌われるだけです。

 

あなたもそうでしょうし、私もそうですが。

人は誰もが、興味関心のない話題を聞くことに苦痛を感じます。

それがあまりに一方的だと、

時として、殺意さえおぼえます。

 

これは、なにも、会話に限った話ではありません。

メールでも同様です。

 

まったく興味のない話題のメルマガが、

あるいは、ぜんぜんほしくもない商品のセールスメールが届いたら、

あなたはどう思うでしょうか。

鬱陶しい、と思いますよね。

 

それこそ、発信者が、販売者が、

誠実に、具体的にメールを書くほどに、

見落とさないようにと、高頻度でメールを送るほどに、

その鬱陶しさは増すと思います。

 

これが、情報発信のミスマッチであり

情報発信者として、絶対に避けるべき状況です。

 

だからこそ、我々は、

情報発信をする際に、

必ず、そして絶えず、読者さんの属性を

細かく区別していく必要があります。

 

サッカー好き、サッカー嫌いという区分だけではなく

サッカーを見るのが好き、サッカーをやるのが好き、

といった違いまで。

 

こうした緻密な作業の積み重ねが、

情報発信の最適化を実現し

効率的なセールスへとつながっていくのです。

 

コメントを残す