お金持ちの大量読書3つのコツ

最近、大量に本を読みまくっています。

アウトプットする仕事が立て込んでいるときほど、
インプットする意欲がわいてくるので
ここぞとばかりに本を手に取っています。

本を読むときのコツ、なのですが。

ダメなパターンが3つあります。

1.自分の考えの正当化材料を拾い集めている
2.文字を目で追うだけになっている
3.自分の言葉に置き換えて読んでいる
この3つのパターンに陥ると、
いくら本を読んでも意味がありません。

極めつけの最悪パターンは1ですが、
これについては、以前もお話ししたので省略。

後の2つについて
今回はお話しさせていただきます。

えーっと、まずですね。

文字を目で追うだけ、というパターン。
こういう読み方をしている人、
実は結構多いんですよ。

本を読むのに途中で飽きちゃって
完全に集中力がなくなっている。

本を読み切ることが目的化しちゃっていて
なーんも頭に入らない、というやつですね。

これだと、何冊完読しようが
時間を浪費しているだけになります。

読書慣れしている方でも
たまーに、こういう状態に陥ることがあります。

したがって、ハッと気づいたら
すぐに読書をやめてしまい
他のことにうつった方が良いですね。

なまじ、形ばかりの完読をしてしまうと
二度とその本を読まなかったりします。

それだと、本質を見落としたまま
その本とお別れになってしまいますからね。
とてももったいないことだと思います。
あと、注意したいのが
自分の言葉に置き換えて読む、というもの。

これは、理解をする上では良いのですが
新知識を学ぶという意味ではよくありません。

一般に、年齢がいっている方ほど
置き換えるだけの知識や経験があるので
この読み方をしてしまうのですが。

結果として、早合点することが多くなり
これまた表層部で物事を理解する癖になります。

結果として、思い込みを正当化する材料を・・・といった
最終的に、最悪の読書パターンと同じ方に
帰結してしまうことがままあるのです。

まずは、書かれていることを
ありのままに全てインプットしていく。

その上で、完読し、
そこで全体像を把握した上で自分の言葉に置き換える。

これが正しい理解のステップです。

こちらも参考にしてみてください。