価値はお客様の中にある

ちょっと前に、海外ビジネスの情報メルマガで

いやーそれは違うだろ、と思う話題がありました。

ま、あくまで考え方は人それぞれだと思いますが。

こと、ビジネスにおいては

価値観の多様性を認めるよりも

合理的な方法を重視した方が良いと思うので。

そういった意味で、話題として取り上げます。

 

そのメルマガには、こう書かれていました。

「日本の食文化を海外に根付かせるために

 まずは、寿司職人の派遣と輸出を!」

たぶん、ですが。

この記事を書いた人は、

ろくに海外に行ったこともない上に、

海外のお寿司屋さんに行ったことが

ただの一度もないのではないかと思われます。

 

そもそも、外国人の方にとって、

現地で食べるお寿司に、そこまでの品質は求めておりません。

さらにいうと、現地人の職人さんでも

十分においしいお寿司を作ることができるのです。

オーストラリアの回転寿司でさえも、

日本の普通のお寿司屋さんと

大差ない、普通のおいしいお寿司が食べられますからね。

 

むしろ、本物の職人とやらを派遣したところで

コストがかさむだけですし

そのコストを吸収しようとして料金を上乗せするのでは

誰も食べに来ないでしょう。

 

どうも、この手の職人の世界はもとより、

日本文化を売り込もうと考える人は、

品質が全て!といわんばかりの思考で凝り固まっています。

価値はお客さんの中にあるものである、ということを

まったく理解せずに

価値観を一方的に押しつけているのです。

 

お客さんに何でもかんでも迎合する必要はありませんが

それでも、本質的な価値の部分については

もっと理解する努力が必要だと考えます。

あと、とりわけお寿司関連のビジネスの人に多いんですが。

日本のお寿司はおいしくて、海外のお寿司はマズいというのは、

思い上がりもはなはだしいと思います。

実際、腕のある職人で

そんな浅はかな考えをしている人はいませんしね。

むしろ、多様性を受け入れる余裕があります。

対照的に狭量なのは、

日本人職人であるというところでしか自分をアピールできない人たちですね。

あとは、ろくに海外に行ったこともなければ

海外で外国人職人の方の握ったお寿司を食べたことのない人たち。

そういう人たちほど、ムダに声がデカいというのが

なんとも面倒な問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です