夢を紙に書くと実現する理由

「夢を紙に書くと実現します!」

この言葉を聞いたことがあると思います。

でも、もしそれが本当だったら

世の中はお金持ちや、頭のいい人や、

美男美女だらけになっちゃうと思いませんか。

だったら、ちょっと、世の中すごいよね、ってことになるわけでして。

 

ただまぁ、これ、本当のことなのです。

夢を紙に書くと実現します。

ただ、ちょっとしたコツがあって、ですね。

ちゃんと、紙に書くときに

「達成できている自分をイメージできているか」

ということがポイントなのです。

 

どういうことか、というと。

具体的な例をご覧いただきます。

ほとんどの人の夢リストはこんな感じになっています。

「馬主になる」

「自分の会社を作る」

「宇宙飛行士になった」

私の夢リストはこんな感じになっています。

「馬主になった」

「自分の会社を作った」

「宇宙飛行士になった」

 

さて、両者の違いはおわかりでしょうか。

そうなのです、

私の夢は全て過去形で書かれています。

この「過去形で書く」というのがポイントです。

 

まず、今一度、こちらの文章が示している

状況を想像していただきたいのですが。

「馬主になる」

「自分の会社を作る」

「宇宙飛行士になった」

 

馬主を見て意気込みを感じている自分、

どこかのオフィスビルを見上げて頑張ろうと思っている自分、

宇宙の写真を見てワクワクしている自分、

そんな自分の姿が思い浮かびませんか。

そうなのです。

実は、こういう夢の書き方をしていると

夢見る自分の姿を思い浮かべることしかできないのです。

というか、夢が叶っていない状況の自分を

より明確に、色濃くイメージしてしまうのです。

ゆえに、実は、こんな夢リストなら

かえって夢の実現を遠ざけるだけで。

むしろ、それなら、夢リストを書かない方がマシなのです。

 

夢リストを作成する目的は、

達成イメージをより具体化する、ということです。

したがって、過去形で書いてこそ

その効果を発揮することができるのです。

そして、過去形で書かれていない夢リストは、

むしろ、夢の実現にとって害悪でしかないのです。

 

何事も、正しい手順、方法というものがあります。

ちゃんと、それを教えてくれる人に学ばないとダメです。

でもって、そういう人が周りにいないならば

ただ漠然と、その手の成功法則を機械的にやるのではなく。

その背景にある理由を

自分の頭で考えてから行動に移す必要があるのです。

ご参考までに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です