結果を出すことにこだわりましょう

「結果を出す」といわれると、

うまくやることばかり考えがちですが。

うまくいかないことも含めての結果です。

 

世の中には、挑戦をせずに

結果を出すことを拒絶し続ける方が多々おります。

結果を出さなければ、

「やれば、うまくいくかもしれない」

という、可能性を残し続けることができます。

 

可能性がなくなるよりも、

可能性を残し続けたいからこそ。

そして、可能性がなくなることで

厳しい現実を突きつけられるからこそ。

あえて挑戦しない生き方をするのです。

 

そして、挑戦せずに先延ばしをすることで

時間が、次々に

望む結果が得られなかった時のいいわけをもたらしてくれます。

例えば、いつまでも

独立起業を先延ばししている場合。

まだ20代だから・・・

結婚して家族を養わなければいけないから・・・

子供が生まれて何かとものいりだから・・・

会社でせっかく管理職のポストをもらったから・・・

後進を育成しないとやめられないから・・・

この年齢で失敗したら再就職はできないから・・・

もうすぐ定年だから・・・

もう年だから・・・

といった感じです。

 

いつやるの?今でしょ!

じゃないですが。

可能性を残し続けること自体には

なーーーんの意味もありません。

可能性にすがって生きている人も多いですが。

さっさと結果を出して

どんどん、現実を見ていった方が

最終的に自分の本当の理想に巡り会えると思います。

 

可能性にすがり続けた人生には

たくさんの後悔がついて回ることになります。

それもまた人生の味わいと思うならまだしも。

退屈しない生き方をしたいなら、

とにかく結果にこだわる生き方をした方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です