心は入れ替わるか

あなたに対して、

取引相手が不誠実な行動を取ったとします。

しかし、その後、相手は謝罪をしました。

さて、あなたは、このあとどういった対応をしますか。

 

もし、あなたが

「過去のことは水に流して

名誉挽回のチャンスをあげる」

と、考えるタイプだとするならば。

とても素晴らしい人格者だと思いますし、

そういう心の広い方にこそ

たくさんの部下が付いてくると思います。

 

ですが・・・

悪辣な輩にしてみれば

この上ないカモです。

そうです、奴らは、またやります。

 

ハッキリ言って、一朝一夕で・・・

というか、わずか80年程度の人生で

そう簡単に人間性が変わることはありません。

それに、あなたに対して

同じような価値をもたらすことのできる人は

世の中に他にいくらでもいます。

安らぎを与えてくれる友人でさえも、

不誠実であるならばさっさと縁を切るべきでしょう。

なんだかんだ、気の合う、心の許せる友人は

その気になればいくらでも出会えますし、作れますからね。

なにせ、地球上だけでも

60億人もの人間が住んでいるわけですからね。

 

というわけで。

どれだけ相手が誠意を持って謝罪をしようが

愚行や過失を後悔していようが。

相手を許すことと、

あらためてチャンスを与えることは、

切り離して考えるべきでしょう。

 

むしろ、取引相手の不誠実な行為は

関係を見直し

新たな取引相手を探すきっかけとするべきですね。

 

一方で、仕事のできる人、成功者資質の人ほど

たった1回の不誠実な行為であっても

一生、取引を停止する理由にします。

ゆえに、いついかなる時も

商売人は誠実さを貫くべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です