執着と根性の違い

何かを成し遂げるには

忍耐力や、粘り強さが必要です。

それゆえに、成功するためには

「根性」があることが条件と考えている方が多いのですが。

 

あいにく、その考えは間違っていませんが、

ほとんどの場合において

執着を根性と勘違いしているのです。

根性というのは、

成し遂げるための忍耐力や粘り強さの根源になるもの。

執着というのは

手順や方法に関するこだわり、です。

 

例えば、1つの会社にずっと勤めて

出世するとか、自分のビジネス力を伸ばそうと考えるのは、

実は根性でも何でもなく

単なる執着に過ぎないのです。

会社をコロコロ変える人は根性がない、と

世間では評価されることが多いんですが。

実際はそうではない場合もあるのです。

ただ単に、手順や方法への執着がない、だけなのです。

 

むしろ、根性を持っていて

自己成長を成し遂げようと考える人は

安住の地にとどまることなく

常に、自分を輝かせる場を探し求めるものです。

同じ会社に勤め続けるわけがないのです。

 

ただまぁ、そういう方々は、

得てして根性がありますアピールをしません。

間違いを指摘したところで、

相手の価値観が、社会の通説が覆るわけではないので。

だからこそ、

「はいはい、そうです、私は根性なしです」

と、受け流しているのです。

実際は、手順や方法への執着がない一方で

どんな方法を使ってでも・・・と

柔軟性を持って結果にこだわり続ける

ずば抜けた根性の持ち主でも、です。

 

何はともあれ、他者の評価もそうですが、

まずは自分が執着と根性をはき違えないように

しっかりと、自分の行動を客観的に分析したいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です